ブログ

Web集客について。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. SEO
  4. Googleの検索順位は「検索エンジンの仕組みにそって改善すれば上がる」というシンプルなルールなのだ。

Googleの検索順位は「検索エンジンの仕組みにそって改善すれば上がる」というシンプルなルールなのだ。

さて、クイズです。

  1. ユーザーに役立つサイトをつくれば、SEO対策は不要でしょうか?
  2. ブログを毎日書き続ければ、SEO効果はあるのか?

答えはいずれも「NO」。

検索エンジンには検索順位を決めるための「アルゴリズム(=ランクファクター)」があり、それによって相対的に順位が決められています。

利用者視点に立つことはとても重要ですが、アルゴリズムの評価基準を間違えて認識している人は、永遠に検索エンジン集客ができないことになります。

そこでこのページでは「検索エンジンの仕組み」を理解していただき、そこから逆算してSEO対策の正しい方法を理解していただきます。

検索エンジンの「検索順位を決める仕組み」とは?

まずは、検索エンジンの仕組みについて。
具体的には3つの工程を行っています。

  • クロール(大量にコンテンツを認知する)
  • インデックス(大量に情報を保管する)
  • ランキング(最良の検索順位を判断する)

順番に見ていきましょう。

Webページの存在をGoogleに伝える「クロール」

Googleがなぜコンテンツを認知できるかというと「クロール(=回遊してページを読み込む)」という処理を絶えず行っているからです。

Googleの検索エンジン内には「クローラー」というロボットが存在します。クローラーがWebページの情報を集めるため巡回し、これまでなかったページを見つけ「新しいページが作られた!」とGoogleに伝えているのです。

  1. 既存ページから新ページへのリンクを見つける
  2. クローラーは新ページの内容を集積する
  3. 検出した情報をデータベースに保存する

クローラーのおかげで、日々たくさんのWebページが生み出されても、情報の検出・蓄積ができるのです。

クローラビリティを改善せよ!

クローラーはリンクを辿って移動するため、リンク構造ができていないとクローリングできないページも出てくる可能性があります。

そこで「クローラーが見回りやすいサイト構造にすること」が大切です。

  • xmlサイトマップの送信
    xmlサイトマップとは全ページ構成を網羅したxmlファイルです。Googleに伝えることで、瞬時にページの増減を判断できます。
  • 内部リンクの設定
    内部リンクとは同一のWebサイト内でページ移動させるリンクのこと。人が巡回しやすいサイトなら、クローラーも巡回しやすい。
  • リクエストの送信
    Googleに「このページをクロールしてほしい」とお願いできる。

クロールした情報は、次のインデックス工程にて正式にGoogleに登録されます。

Googleのデータベースに情報を保管する「インデックス」

クロールで見つけた情報は、Googleの巨大なデータベースに登録されます。これをインデックスと呼びます。インデックスされていない間は、Webページは検索結果には出てきません。

インデックスは「いつでも情報を引き出せるよう整理して保管しておく」というイメージですが、その量は膨大で、どんな情報がどのページに書かれているかをすべて把握されています。

Webページの順位はインデックスされた情報を参考に「相対評価」で決まりますので、まず自身のページ情報を正しくインデックスさせましょう。

HTMLのマークアップを改善せよ!

HTMLタグには、それぞれ役割があります。ページ内容を正しく認識させる(インデックスをさせる)ためにも、最低限のHTMLマークアップは行いましょう。

  • 見出しには<h1>~<h6>を付ける
  • 強調文字には<strong>を付ける
  • 引用には<blockquote>を付ける
  • テキストで内容を伝える(テキストが主・画像や動画は従)
  • 同じサイト内に似た内容を重複させない

HTMLのマークアップが正しくなければ、アルゴリズムは間違って文章構造を認識し、評価に加えます。

インデックス情報から検索順位を決定する「ランキング」

インデックスしたデータをGoogle検索アルゴリズムによって「相対的にランキング」しています。

ランキングを決めるアルゴリズムは「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」「健康アップデート」といった形でどんどん進化されてきました。

さらにはGoogleエンジニア、アナリスト、法律の専門家による改善によってさらに精度や正確性も担保されているようです。

Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。

Googleが掲げる10の事実

さまざまな計算式や有識者の厳格な判断によって、Webページは「相対的に評価されている」のです。

コンテンツの質にこだわれ!

では、どんなページを上位にランクインさせようとするのか。
これがGoogleの検索エンジンの仕組みの中でももっとも私たちが気にするところです。

低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。

ウェブマスター向け公式ブログ

とあるように、あくまでGoogleの視点は「コンテンツ」を優先するものなのです。

Google検索エンジンはどんなサイトを上位に出したいのか?

Google検索エンジンは今もどんどん進化し、検索結果の上位に表示されるサイトも変わっています。それらは一般的に「検索エンジンのコアアップデート」と言われ、最近は数ヶ月に一度起きています。

正しいSEO対策とは、検索エンジンがどのようなサイトを上位に出すかを知り、そこに合わせて改修していくことです。

ここではGoogleが上位に出したいサイトとはどのようなサイトなのか、詳しく掘り下げてみたいと思います。

「利用者を増やし広告売上を増やす」が検索エンジンの役割

広告は、Google検索を誰もが無料で利用できるようするための手段です。そして広告は、GoogleがGoogle検索において販売する唯一の要素です。

グーグル検索の仕組み

とあるようにGoogleは、検索エンジンなどの広告ビジネスで収入を得ています。そのため、たくさんの利用者を抱えておく必要があります。

もし検索結果に役に立たないサイトばかりが出てきたら…?検索者は「Googleで調べてもわからない」と、Googleを使わなくなるでしょう。

そうなると、収入源である広告収入も減り、会社成長を遅らせることになります。

つまりGoogleは、検索エンジンの精度を高め(アップデート)、利用者を増やしたいという狙いがあります。

Googleは「検索意図を的確にとらえた情報提供」をしたい

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。

Google検索の仕組み

とGoogle創業者のラリー・ペイジ氏は語りました。

「良いコンテンツって何だよ?」
「SEOって文字数が大切なんでしょ?」

などの議論もありますが、これについての答えは「ユーザーの検索意図を正確に把握し、最適な情報を返すこと」となります。

Googleは「品質の良いサイト」ではなく「検索意図を把握し情報配信をしているサイトを上位表示したい」と改めて覚えておきましょう。そしてアップデートを通して、常にここへ向かっているのです。

例えば「帽子 かぶり方」と検索する人の検索意図とは何でしょうか?

物理的な帽子のかぶり方が分からないのではありません。なので「帽子のくぼみ部分を頭頂部にかぶせます」みたいな情報は検索意図に沿ったページとは評価されないのです。

「帽子 かぶり方」における検索意図は「帽子をオシャレにかぶりたい」などの悩み。いろんな帽子をオシャレにかぶるアドバイスが掲載されているページなどが検索者の求める情報になります。

また自身のコンテンツのオリジナリティ、価値、魅力を考えられるとさらに良いページとなります。

詳しくは「SEO記事の書き方」にて詳しく解説します。

検索アルゴリズムで「検索意図にマッチしているページか」を判別している

検索アルゴリズムとは「検索結果の順位を決めるプログラム」です。

つまり、いかなるWebページも検索アルゴリズムによって「ユーザーにとって有益な情報である」と判断されなければ上位に表示されることはありません。

「それならアルゴリズムがわかれば上位表示も簡単だよね」という声も聞こえてきますが、残念ながら完全な分析は不可能です。

それは、Googleのアルゴリズムは一切公表されていないからです。

私たちにできることは、検索エンジンがどのようなサイトを上位表示化させようとしているのかを知り、そのように改善することまで。

これらを通して公式サイトの見解を正しく知り、Googleに認知される良質なコンテンツを作成してこそ、初めてSEOによるWeb集客が見込めます。

内部・外部・コンテンツという「3つの視点」で改善する

検索アルゴリズムは公式では200種類以上とありますが、最近では「300以上ある」とも議論されています。すべてのアルゴリズムを対策するというのは現実的ではありません。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google が掲げる10の事実

とあるように、Googleはユーザー視点を推奨していますが、弊社は次の3つに大別して考えています。

  • サイト構造にかかわる内部SEO
  • ページ内容にかかわるコンテンツSEO
  • 被リンク、サイテーションなどの外部SEO

という3つの視点です。

サイト内部構造を改善する

これらのアルゴリズムは「内部SEO」として対策が必要になるものです。主に2つのポイントをご紹介します。

1.文書構造が正しく認識できているか

サイトを設計する「HTML」とは、文書構造を示すマークアップ言語です。マークアップが正しくないと、文書は正しく認識されません。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • パンくず
  • 記事
  • 段落
  • 見出し
  • 引用
  • リンク

など、マークアップ要素はたくさんあります。
これらを正しく記述することが、ホームページを正しく評価させるための対策になります。

2.使いやすいサイトであるか

見やすさ、使いやすさ(ユーザービリティ)を考えたWebページは、Googleの検索順位でもよい評価を得やすくなります。

遅いより速いほうがいい。
情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

Google が掲げる10の事実

このことを象徴するかの様に2018年には「読み込みの早さ」や「すべてのデバイスで見やすく作られているか」を評価するアップデートがありました。

2020年には「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」として

  • ページの表示速度
  • クリックやタップしてからの反応速度
  • 視覚的な見やすさ

が評価対象にも加わっています。

信頼され、満足できるコンテンツに改善する

検索者は「自分の悩みを解決してくれる情報」を探しているからこそ「ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返す」という所を目指しているのです。

1.信頼できる情報発信をする

「E-A-T」という言葉を聞いたことはありますが?

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の頭文字をとった検索エンジンアルゴリズムです。

専門家と素人では同じ話をしても説得力が異なるように「誰の話なのか」で聞いた人の反応は変わります。

Webサイトもじつは同じで「専門家の情報なのか」「正確な論拠があるのか」などの差によって検索順位が変わるのです。

くわしくは「E-A-T」の記事で解説します。

2.満足してもらえる関連情報も添える。

またまた「帽子 かぶり方」を例に説明します。
検索意図は「オシャレに帽子をかぶりたい」でしたが、なぜオシャレに帽子をかぶりたいのでしょうか?

この場合「異性によく見られたい」などの潜在ニーズがあったりします。もちろん全員がそうではありませんが。

そう考えると「帽子に合う服」や「購入リンク」などもあるとより有益な情報になると思いませんか?

こうして、検索エンジン利用者が120%満足できる情報を持っていると、Googleは上位におすすめしてくれる仕組みになっています。

第三者から紹介される(外部リンクを頂く)

わたしにはSEO対策としてリンク購入をして、ひどい目にあった経験があります。

リンク購入などは絶対にやらないほうがいいのですが、やっぱりリンクが検索順位に与える影響は大きいです。

それもGoogleがこのように公言しています。

PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

Google が掲げる10の事実

「リンクは良い情報を発信していればもらえるもの」と解釈されている方も多いのですが、意外と自然には生まれにくいのです。

SNSで積極的にシェアする

SNSは拡散されやすいツール(特にツイッターなど)として注目されています。被リンクだけではなく「サイテーション(=引用)」という形で、会社名やブランド名などをシェアされるだけでも、検索順位に影響を与えることがあるためです。

ページの読者がシェアしてくれることは多くないかもしれませんが、自身でシェアした記事からアクセスが発生したり、イイネがついたり、シェアが生まれることはあります。

また、 認知度・ブランド力アップによる「権威性の上昇」と「サイト名での検索数増加」のメリットもあります。

あくまで一つの可能性ですが、SNSを取り入れることはおすすめです。

外部リンクについては、下記の記事もご覧ください。

【2021年版】ホームページSEOを加速させる7つの対策

検索アルゴリズムはこれまで何度もアップデートされており、常に時代に沿ったSEOが求められてきました。

2021年からは、下記の7つが効果の高いホームページでのSEO対策になるでしょう。

  1. Googleの理念を知り、上位表示されるコンテンツの傾向を知る
  2. SEOに効果的な「WordPress」を利用する
  3. 勝負するキーワードへは効果の高い対策をする
  4. 「定期的」な更新頻度で新しい情報を届ける
  5. 良質な「被リンク」と「ファン」を獲得する
  6. 「Webライティング」に力を入れる
  7. 表示速度や見やすさも考える(コアウェブバイタル)

詳細は、下記の記事でまとめていますので、併せてご覧ください。

最後に、検索エンジンの仕組みについての補足情報です。

ここまで検索エンジンの仕組みから上位化するためのポイントをまとめてきました。

しかし、話をしてきたのはあくまでキーワード検索結果についてです。
Googleの検索結果は1種類ではありません。

  • 広告枠
  • 動画枠
  • マップ枠
  • 画像枠

そして、これらはすべて別のアルゴリズムが適用されていますので、もっと検索エンジンを最適化する方法はあると考えています。

順番にご紹介していきます。

広告枠

広告(リスティング広告)の出稿枠。
検索結果の上部に最大4枠、ページ下部にも最大4枠表示されます。

  • 検索アルゴリズムの影響を受けない
  • 手続き後にすぐ表示される
  • 広告費がかかる

という特徴があり、お金を払えばすぐに検索エンジン集客ができます。ただし、広告枠内にも限りがあり、掲載順位は広告ランクできまります。

広告ランクを決める要素

  • 入札単価
  • 広告の推定クリック率
  • 広告とランディングページの品質
  • 広告ランクの下限値
  • オークションでの競争度
  • ユーザーが検索に至った背景(コンテキスト)
  • 広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果

[出典]Google広告ヘルプ

SEOと同じく、キーワードの選定や記事の完成度が順位に関係してきます。

動画枠

テキストベースのページだけでなく、動画コンテンツが表示される「動画枠」があります。Webページと同じく、Googleが以下の動画情報をクロールし表示結果を決める仕組みです。

  • 動画サイトマップ
  • サムネイル
  • プレビュー
  • 動画ページのテキストやメタタグ
  • 閲覧時間など

良いサムネイルを設定したりクロールしやすい環境を整えたりなどで、より検索されやすくなります。中でもYou Tubeのコンテンツは、始めからGoogleにクロールされやすい設定です。

YouTube 動画は常にクロール可能な状態になっています。

Search Consoleヘルプ

5Gの到来や動画コンテンツ利用者の増加など、今後注目度が上がるアクセス獲得方法だと思います。

マップ枠

店舗や会社の場所がGoogleマップで表示される「マップ枠」というパターンがあります(ローカル検索結果)。

たとえば「レストラン」と入力すれば飲食店が。「散髪」と入力すれば美容院や理髪店などの情報が、以下の要素にもとづいてマップ枠として出現します。

マップの順位を決める要因

  • 関連性
    検索キーワードとGoogle登録の住所情報との関連性
  • 距離
    検索した場所名、検索者の現在地情報、Google登録の住所情報との距離
  • 知名度
    ブランド力、リンク数、Google上の口コミ

ただし、マップ枠が適用されるのは「そこに行きたい」と感じられるキーワードのみ。無料ツール「Googleマイビジネス」を使えば、マップでの検索順位最適化(MEO)対策も可能になります。

画像枠

動画枠と同じく、画像単体の検索結果を表示する「画像枠」もあります。画像表示のSEOとしては以下の施策が有効です。

画像の順位を決める要因

  • オリジナル画像を自作する
  • Webページに関連した画像を使用する
  • 関連するテキストの近くに画像を配置する
  • レスポンシブ画像にする
  • 高画質にする
  • テーマに合う代替テキスト・タイトル・ファイル名・キャプションを付ける

関連記事