なぜ「Amazon/楽天」は、いつも検索の一番上に出てくるのだろう?

「どうして私のホームページは上に出ないんだろう?」
「これじゃビジネスが全然広がらないじゃないか!」

と、検索エンジンマーケティングで悩んでいる方に伝えたいことがあります。

それは「SEO対策を頑張ったホームページが、検索結果の1位に出るわけではない」というお話です。

「それじゃSEOやる意味ないじゃないか!」
「検索結果1位に出すのがSEO会社だろ!」

というお叱りも受けそうですので、ここでは「なぜ、Amazon/楽天はいつも上に出てくるのか」の理由を追いかけながら「最強のSEO対策」の秘密を解説しようと思います。

Amazonだから上に出る

私はコーヒーが大好きで、いつも豆を挽いて飲む生活です。
なので「コーヒー豆」と検索してみました。

ここではAmazonのホームページが1位にでます。
※楽天は3位でした。

では、このページには魔法のようなSEOが施されているのでしょうか?

いいえ。
この理由は特別な魔法ではありません。

Amazonが検索1位に出るのには、ちゃんと理由があります。

Amazonストアで買い物をするプライム会員の数は現在2億人を超えています

Amazon

つまり「検索者の多くがamazonに満足する」という理由で、検索結果の上に出ています。

GoogleはAmazonをどう評価するのか?

Googleが掲げる10の事実 をご覧になったことはありますか?
検索エンジンのランキングシステムは、このような考え方でWebページを評価しています。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツを着なくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。
Googleが掲げる10の事実

地球上で最もお客様を大切にする企業

Amazonは地球上で最もお客様を大切にするという理念のもと「プライム会員の数は現在2億人」「日本での売上高は2兆5,355億円」という事実を作っています。

ECモールという分野で、たくさんのファンを作っていることで

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  • 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番

を見事に体現した、ビジネス(Webサイト)と言えます。

いい商品が、1クリックで買えて、翌日届く

Amazonの強みの一つは「欲しい商品を探してから、家に届くまでの速さ」です。プライム会員が増え続けるのは、購入体験が快適だからでしょう。

  • 遅いより速いほうがいい
  • 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  • 悪事を働かなくてもお金は稼げる

というビジネス(Webサイト)になっています。

世界中の商品が集まっている

Amazonは日本だけではなく、世界中の商品を購入できるようになっていること。そして誰でも出品できるように開放していることで、進化し続けてきました。

  • 世の中にはまだまだ情報があふれている
  • 情報のニーズはすべての国境を越える
  • 「すばらしい」では足りない

と、評価されるにふさわしいビジネス(Webサイト)です。

最強のSEOとは?

多くの経営者が「検索エンジンで上に出れば、ビジネスが売れて、たくさん儲かる」と考えているようです。

そのため、SEO対策にたくさんお金をかけられますが、その考え方では「まったく売上にならなかった!」という現実が訪れるかもしれません。

なので、私たちは Amazon のように「利用者に愛されるビジネスを作るのが先」という考えのもと、ローカルSEOを提供しています。

価値あるビジネスは「ユニークな販売提案」から

楽天は「地方の小さな商店でも、コンピューターに強くなくても、誰でも簡単に店を開ける」というユニークな販売提案でビジネスを開始しました。

現在、楽天会員数は、国内で1億以上を誇ります

Rakuten

楽天も日本最大級のECモールです。
そのため、Amazon同様に、検索上位には必ず出てくるようになっています。

サービス内容ではなく「伝え方」で差をつくる

すでに多くの経営者さんは「良いサービスを提供する」ことをされています。なのでビジネスの中身ではなく「伝え方を変えてみる」ことを推奨します。

私たちは セールスライティング というサービスで、伝え方の提案をしています。

ビジネスとは、素敵なホームページだから売れるのではなく、優れた商品だから売れるわけでもありません。

  • 自社ならではの販売提案(USP)を言葉にすること
  • ホームページをプレゼンテーションの場にすること

こうしたベースがあるからこそ、広がりやすくなります。

つまり、SEO対策に一生懸命になるのではなく、ビジネスの伝え方を変え、ホームページもプレゼンテーションの場として活用することが「最強のSEOである」と、プロとしてお伝えします。

このURLをコピーする

関連記事

  • 「市区町村」か「駅名」か。ローカルSEOの地域キーワードは絞り込め。

    「都道府県で上位化してもらえますか?」「複数のキーワードで上位化できますか?」 嬉しいことに、そんな要望をいただきます。お気持ちはすごく分かります。その方 続きを読む

  • ローカルSEOをやる前に、ホームページを営業マンにしてもいいですか?

    質問です。ホームランを打つには「打席に立つ回数」と「バッティング練習」のどちらが重要ですか? もちろん「バッティング練習」ですね。なぜなら、一試合で打席に 続きを読む

  • それ…10年前のSEOだよ?Googleの検索順位のしくみから考える「不要な対策」

    「SEO対策やってるけど、検索結果に出てこない」「SEO会社に任せたけど、高いだけで全然集客できなかった」 もしかして…10年前の THE・SEO対策 を 続きを読む