ブログ

Web集客について。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ランディングページ
  4. ランディングページ(LP)制作費用の相場とは?費用対効果を高めるポイントも紹介!

ランディングページ(LP)制作費用の相場とは?費用対効果を高めるポイントも紹介!

オンラインで商品・サービスをローンチする際に、必須といっても良いのが「ランディングページ(LP)」です。

しかし、「ランディングページを制作する際の費用ってどれくらいかかるのだろう?」「ランディングページのクオリティを高めたいけど、なるべく制作費用は押さえたい」そう思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそういった方へ向けて、ランディングページ(LP)制作費用の相場はどれくらいか、費用対効果の高いランディングページは何が違うのか、などを紹介していきます。

この記事を読めば、ランディングページの制作費用の相場がどれくらいなのか、どういったポイントに気を付けて制作費用を決めれば良いのかが明確になるでしょう。

ランディングページ(LP)制作で必要なのは「安さ」か「効果」か?

ランディングページを「なるべく安く制作したい」と考えている人は多いでしょう。Webマーケティングにかけられる社内予算が限られているといった現状があることは事実です。

しかし、「安いから」という理由だけでランディングページを制作した場合、余計に費用がかかってしまう可能性があります。なぜなら、制作段階でお金のコスト以外に、時間的コスト・人的コストがかかったり、後々制作の済んだランディングページに修正を加えなければならなかったりすることがあるからです。

過去、弊社に依頼された企業様からは「10万円でランディングページ制作を依頼したが、対応が悪すぎて困ってしまった」といった相談がありました。私自身、クラウドソーシングサービスを利用してランディングページ制作を依頼したことがありますが、そのうち何度か失敗をした経験があります。

「安い」という理由だけでランディングページの制作を依頼すると、かけた費用が無駄になってしまうかもしれません。そういった点を踏まえて、コストとクオリティのバランスを考慮しましょう。

費用対効果の高いランディングページ(LP)は何が違うのか

ランディングページの制作費用を検討する際には、制作したランディングページが生み出す効果に対してどれくらいの費用がかかるのかを考えなければいけません。

なぜなら、「安い」という理由だけで制作したランディングページが何の利益も生み出さなければ、安いどころか会社の資金はマイナスになってしまうからです。例えば、1万円で制作したランディングページが1円も生み出さなければマイナス1万円です。一方、100万円で制作したランディングページが200万円を生み出せばプラス100万円です。

では、費用対効果の高いランディングページは、費用対効果の低いランディングページと何が違うのでしょうか?以下に、主なポイントを5つ挙げます。

構成案・原稿の質が高い

費用対効果の高いランディングページは、構成案・原稿の質が高いです。ランディングページは、商品・サービスの購入を促すページなので、ユーザーにどういった言葉を、どういった順番で届けるかが大事になってきます。

具体的には、「誰に何を伝えれば、買ってくれるのか」「買われない理由は何なのか」「他社商品・サービスとの違いは何なのか」を明確にして、ユーザー目線に立ってLPに落とし込むことが必要です。費用対効果が高いかどうかは、構成案・原稿の段階でほとんど決まってしまうといっても良いでしょう。

デザインの質が高い

費用対効果の高いランディングページは、デザインの質も高いです。よく「人間は情報全体の8割を視覚から受け取っている」と言われるように、ユーザーは見た目によって商品・サービスの印象を判断しています。

具体的には、「ワクワクできるデザインであること」「ファーストビューでスクロールをさせること」「目を引くキャッチコピーであること」などがポイントです。また、あらゆるユーザーがページを見やすいように、レスポンシブ対応(ブラウザやOS、各種スマホ対応)していることは大前提だといえるでしょう。

ヒアリングをしっかり行っている

前述したように、原稿やデザインの質は大切ですが、質が高いかどうかには商品・サービスとのマッチ度も大きく関連しています。例えば、化粧品や美容品などを販売するランディングページでは清潔感が大事になりますし、BtoB向けのランディングページでは過度な訴求・演出は逆効果になることが多いです。

ランディングページの制作前にヒアリングをしっかり行っていれば、商品・サービスとのミスマッチが起こる可能性は低くなります。「どういった広告からの流入を想定しているのか」「ユーザーの性別・年齢層・知識や課題は何か」「ヒアリング内容から複数案を提案できるか」などが重要なポイントです。

制作後もフォローアップしてくれる

運用の実態として、ランディングページの質は制作段階で定まらないことがあります。なぜなら、ランディングページが想定ユーザーに刺さるかどうかは運用してみなければ分からず、運用過程でテストを行いながら最適化していくものだからです。

したがって、ランディングページの制作後にフォローアップしてくれるかどうかも、ランディングページの費用対効果を考える上では非常に重要なポイントといえます。依頼を検討している制作会社が、制作後の修正・相談に応じてくれるかどうかを予め確認しておきましょう。

ランディングページ制作依頼目的が明確である

上記のポイントを踏まえた上で、自社内で依頼前にランディングページ制作依頼の目的を明確にしておく必要があります。なぜなら、ランディングページ制作を依頼する目的によっては、適切な価格帯が変わってくるからです。

例えば、「商品・サービスをPRする場所がなく、とりあえずランディングページがほしい」という場合であれば、そこまで高い費用をかけなくても良いかもしれません。一方、「リスティング広告を回して、売上を〇〇倍にする」といった目的なら、構成や原稿、デザインに惜しみなく投資をした方が良いでしょう。

ランディングページ制作を依頼する目的を明確にした上で、どこに費用をかけて、どこの費用を削減するのかを社内でしっかり検討しておくことが重要です。

ランディングページ(LP)費用相場と制作目的

ここでは、ランディングページの費用相場と制作目的について紹介します。ランディングページの制作依頼をする目的を明確にした上で、それぞれの価格帯におけるランディングページの質や特性を理解して、どれくらいの費用が必要なのか参考にしてみてください。

〜15万円

制作費用が15万円以下の価格帯で制作されるランディングページは、いわゆる「格安LP」といわれるものです。構成や原稿、デザインの質が優れているとは言い難く、ランディングページとしての費用対効果は高くない傾向にあります。

そのため、商品・サービスの販促というよりは、商品やサービスをローンチした直後などに市場の反応をテストする目的で制作されることが多いです。試しに格安で制作したランディングページを使って、その商品・サービスを売るべきか、売るべきでないかをテストします。

また、構成や文章、画像素材などは依頼する側で用意するケースが多いのも特徴です。依頼する側の負担が大きくなることも多々あるため、15万円以下の価格帯で依頼する場合はよく検討する必要があります。

15万~30万

フリーランス(個人事業主)や制作会社などの多くが、この15万円〜30万円という価格設定を採用しています。それ故に、ランディングページのクオリティの高さやサービス・フォローアップ内容の良し悪しもピンキリです。

上記に加えて、「ヒアリング・プランニング」「構成・原稿作成」「素材提供の有無」「デザイン・コーディング」の段階のうち、どこまで対応してくれるかも制作会社・フリーランスによってバラバラになります。

クラウドソーシングサイトを経由して依頼する場合や、制作会社検索プラットフォームを利用する場合でも、この価格帯を設定している制作会社が多くヒットします。リーズナブルで手を出しやすい価格帯ではありますが、各社のサービス内容をしっかり比較・検討する必要があるでしょう。

30万~80万

15万円〜30万円が一般的なランディングページの費用相場だとすれば、30万円〜80万円はワンランク上のランディングページ制作の費用相場です。「成約率を改善したい」「さらに効果の上がるランディングページへリニューアルしたい」などが適した目的であるといえます。

この価格帯の制作会社は、主に2つのタイプに分けられます。1つは「専門領域に特化した制作会社」で、もう1つは「マーケティング全般に強い制作会社」です。

専門領域に特化した制作会社の例としては、「ECサイトに強い」などが挙げられます。ECサイトに特化したランディングページ制作の研究を重ねているため、売上増大に大きく貢献してくれる可能性が高いです。

一方、マーケティング全般に強い制作会社は、ランディングページ制作に留まらず、ランディングページ運用の戦略策定やアフターフォローにも力を入れています。広告運用やコンテンツマーケティングも合わせて行ってくれる会社が多く、事業全体をトータルコーディネートしてくれるイメージです。

ランディングページの質・サービス内容ともに申し分ありませんが、その分費用は膨らみます。会社の予算を考慮した上で、依頼を検討する必要があるでしょう。

80万以上

80万円以上の価格帯を採用しているのは、ほとんどが大手制作会社です。ブランディング面にこだわったランディングページ制作を行っているところが多く、商品・サービスを売り込むというよりも、自然な形で魅力を伝えて長期的な関係性を築くことに重きを置いている傾向があります。

例えば、動画・アニメーションなどのデザイン面へのこだわりが強いのはもちろん、コピーライティングなどの文章術の面でもクオリティが高いです。ヒアリングを徹底的に行った上で、商品・サービスの魅力を整理し、構成や原稿、デザインに落とし込むことを得意としています。

ランディングページにこだわりの強い企業は、80万円以上の費用感で制作会社を探してみても良いかもしれません。ただ、現実としてランディングページにこれだけの費用をかけられる会社は少なく、現実的な落とし所を検討する必要があるでしょう。

実際のランディングページ(LP)制作費用【事例】

ここまでの説明で、ランディングページの費用相場はイメージできたのではないでしょうか?ここでは、実際にランディングページ制作を依頼するにあたって、具体的な制作費用を弊社の事例を基に紹介します。

弊社のランディングページ制作料金は、一般的なランディングページ費用相場にあたる「20万円~」です。しかし、詳細な金額については、お客様のご要望を聞いた上でお見積りをさせていただいています。お見積もりに際するヒアリング内容は、以下に上げるとおりです。

  • プランニング(文章作成含む)の有無
  • 掲載するコンテンツ量
  • デザイナーのクオリティ
  • SEO対策をするかどうか(利用すると指名検索などで上がりやすくなる)
  • フォーム制作の有無
  • アニメーションの必要性
  • 撮影動向 など

会社予算の都合上、20万円〜を用意するのが難しいという場合も、低予算からご相談を受け付けています。具体的には、文章構成はお客様で行っていただいた上で、弊社デザイナーがランディングページに仕上げるなどです。

30万円程度まで予算が出せるという場合は、弊社プランナーが戦略策定や構成・原稿作成を行った上で、弊社Aランクデザイナーがランディングページに仕上げます。このように、お客さんのご予算に応じて、フレキシブルなランディングページ制作を行うことが可能です。

弊社制作のランディングページ事例は、以下のページからご覧になれます。ご参考ください。

関連ページ:https://winq.co.jp/archives/works

ランディングページ(LP)制作ならWINQにお任せください

ランディングページの制作費用を安く押さえたい、というのは誰もが考えるところでしょう。しかし、ランディングページ制作の価格設定には理由があり、低予算であれば低予算なりのランディングページになります。

弊社WINQでは、コストをかける部分・かけない部分を最適化し、お客様の実情に即したランディングページ制作を行っております。お客様のランディングページに関する悩み・要望を伺いながら、コストパフォーマンスの高いランディングページを制作させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事