ブログ

Web集客について。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ホームページ
  4. ホームページは本当に集客効果があるのか?成果が20倍になった事例

ホームページは本当に集客効果があるのか?成果が20倍になった事例

昨今、Webを使った集客を行う企業も増えてきました。コロナ禍による経済不安を受けたことにより、Webを使った集客方法に関心を持たれている方は多いと思われます。

その一方で、「ホームページは、本当に集客効果はあるのか?」「費用対効果はあうのか?」という疑問も生じるのではないでしょうか。

当記事では、ホームページ集客が本当に効果なのかどうかについてご説明いたします。自社のホームページ制作に踏み切りたい方の助けになれば幸いです。

ホームページを開設した企業の6割以上で成果が出ない2つの理由

実は、ホームページは作ればそれだけで売れる訳ではありません。中小企業庁が公開しているアンケート調査によると、ホームページを制作している多くの企業は集客に失敗していることがわかります。

[出典]中小企業庁委託「ITの活用に関するアンケート調査」

このデータを見ると約6割の企業がホームページ制作による集客効果を実感できていません。つまり、ホームページは自社を紹介する名刺の代わりとして、ただ制作するだけでは売上に貢献できないということなのです。

では、集客効果があるホームページを作るためには何が必要なのでしょうか。ここからより具体的に掘り下げていきましょう。

理由①:運用(PDCA)が出来ていないから

ホームページに集客効果がない原因はいったい何が考えられるのでしょうか。その答えはPDCAサイクルにあります。

PDCAとはホームページの品質改善のための行動プロセスのことで、以下の頭文字をつなげた言葉となります。

  • Plan…計画
  • Do…実行
  • Check…評価
  • Action…改善

PDCAで効果を出すためには、上記4つのプロセスを継続的に行い、データの検証、それを踏まえたコンテンツの更新を繰り返していくことが必要です。

ところが、 地域・中小企業研究所が調査した以統計調査によれば、約8割の企業がホームページ公開後は全く更新していないことが判明しています。


[出典]中小企業庁委託「ITの活用に関するアンケート調査」

これが前述のように、せっかくホームページを作ったにも関わらず集客に繋がっていないと感じる企業の割合が多いことの原因です。

ホームページは全く更新がなされないと、放置されているサイトという扱いになり検索エンジンから評価されにくくなってしまいます。

PDCAを回すには専門的な知識や作業時間が必要ですが、多くの企業では担当者がいないこともあります。

そのため、せっかく作ったホームページに問題があったとしても、改善が為されないままとなってしまうのです。

理由②:見込み客を集めていないから

自社の製品(サービス)に関心があるユーザーを集めることが出来ていなければ、ホームページへの集客が安定したとしてもCV(成約)率は上昇しないままです。

CV率が上昇せず、見込み客を集められていないと感じる場合は以下のことを疑いましょう。

  • ホームページでサービスの魅力が伝わっているか
  • ユーザーにとって使いづらいサイトになっていないか

常にホームページを見直し、検証したユーザーニーズに合わせて新しい情報を更新し続けていくことは検索エンジンからの評価にも繋がります。

そうすると、検索順位でもより上位の表示を獲得することができますので、ユーザーのCV率とサイト質に関しては、定期的に検証をしなければなりません。

ホームページを使って集客を20倍にするには【事例あり】

ここまで読んで、ホームページを使った集客は多大な労力がかかることがお分かりいただけたかと思います。しかし、適切な運用さえできれば絶大な集客効果を上げることも可能となります。

以下のデータは、実際に弊社が制作を行ったホームページの集客率の変化を表したものです。

これは、実際に弊社が運営を請負ったホームページのユーザー成約数の変化を表したグラフです。

このデータを見ておわかりいただけるように、弊社がホームページ集客を受けお負った場合、12ヶ月で集客率が20倍に増加しました。

では、弊社ではどのように集客ができるホームページを作成しているのかという点について、以下より詳しくご説明いたします。

検索エンジンに強いワードプレス(Wordpress)を使うこと

WordPressとは、Web上に表示されるページを作成するためのソフトのことで、今ご覧になっているページもWordpressで作られています。

WordPressを使うメリットは、ホームページ制作に必要な以下のSEO(検索エンジン最適化)の対策が行いやすい点です。

  • サイトを評価するGoogleのAIが巡回しやすいサイト構造にする
  • 各ページが上記のAIから高評価を得られるようにする

WordPressはブログのように使うことができ、こまめにサイトの構造を調整したり、ページを量産しやすいため、Webを使った集客方法に適しています。

そのため、弊社でもホームページ制作にはWordPressを使用し、サイトの制作段階から公開後に渡って、適切なノウハウに則って中長期的にSEO対策を施していきます。

あらゆるキーワードで検索結果の上位に表示させる

Webサイトが検索順位で上位を取るために必要なこと。それは定期的な情報発信でサイトを運用し続けることです。

Googleは、ユーザーの離脱率が低いページを高く評価する傾向にあります。そのため、自社の見込み客となる層に役立つ良質な情報を発信し続けることで、検索順の上位表示を獲得することが可能になるのです。

一度公開した記事に関しても、古くなった情報を更新したり、よりクリックされそうなタイトルに変更するなどして検索順位上位を狙い続けなければなりません。

これらの施作に関してはユーザーのニーズや訪問理由を正しく把握するスキルが必須となります。

そして、ユーザー対してどうすれば良質なコンテンツを提供するためには、各種ツールを使ったデータ収集が必要です。

ホームページは継続して運用する

弊社ではホームページ作成後、以下のツールを使い先述のPDCAによるサイトの検証と改善を行っていきます。

  • GoogleAnalytics
  • サーチコンソール

上記のツールを用いれば「ページの順位や評価」「ユーザーのCVや使用デバイス、流入先」「ユーザーが反応しやすいキーワード」などを割り出すことが可能です。

その情報を元にホームページの集客効果を高め続けることで、早くても6ヶ月、平均で1年ほどの期間で成果が出始めます(弊社基準)。

各種ツールの使い方に関しては、下記の記事をご参照ください。

(※準備中)

SEO対策と並行して出来る【無料】のホームページ集客法

検索エンジンを使わずともホームページに集客する方法は存在します。ホームページだけは時間ががかってしまいますが、それ以外の方法も併用することでよりスピーディな集客が可能になります。

検索エンジン以外のホームページへの集客方法は以下の3つです。

  • 名刺の活用
  • SNSの活用
  • ポータルサイトへの登録

それぞれについて、具体的に解説いたします。

名刺の活用する

こちらは普段使う名刺を活用する手法で、最もローコストで導入することが可能です。

名刺に自社のホームページにアクセスできるQRコードを記載しておけば、渡された人はスマートフォンで読み込むだけで済む手軽に閲覧することが出来ます。

そのほかには、自社が推していきたい検索ワードを書いておくことも考えられ、こちらの場合は検索エンジンからの注入率の評価を高める効果もあります。

SNSの活用する

昨今ではSNSを使ってサービスを検索するユーザーも増えてきているため、それらを利用するのも有効なマーケティングの手法のひとつです。

SNS運用では、ハッシュタグなどをつけた良質な発信を続けることでユーザーを獲得し、集客をしていくことになります。代表的なSNSとしては以下のものがあります。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Instagram

それぞれのSNSにはユーザーの層やシェアされやすい情報の違いがありますので、一度に全てを活用をしようとせずに自社のイメージにあったSNSを適切に選択し、運用するようにしましょう。

そして、SNSでの集客したユーザーのCV率を高める鍵となるのが「ULSSAS(ウルサス)」で、これはSNSユーザーの購買までの流れをモデル化した概念を指します。

上記の各セクションにおけるユーザーのアクティブな行動を促す投稿を繰り返し、自社のホームページヘの流入を計っていきます

ULSSASに関するより詳しい情報については、下記の記事をご参照ください。

(※準備中)

ポータルサイトへ登録する

ポータルサイトとはさまざまなホームページにアクセスすることができる巨大なWebサイトのことです。ポータルには「玄関」や「入り口」といった意味があります。

ポータルサイトではすでに見込み客が集まっていて、検索して訪れるユーザーも多いので、自社のホームページを登録するだけで集客効果が上昇します。

通常では接触できないユーザーを獲得できることがメリットと言え、リスティング広告や広告枠の一部を売ることで、収益を得ることも可能な場合もあります。

代表的なポータルサイトにGoogleマイビジネスがあり、ホームページを登録することで、Googleの検索結果やマップに自社の情報や広告を掲載することが可能です。

ポータルサイトへの登録が検討段階という場合は、ひとまずこちらに登録しましょう。

株式会社WINQは月額でWeb集客を代行します

Webを使った集客には、SEOに関するノウハウや長期的な施作が必要だとわかっていただけたかと思います。

そこで弊社では、Webで集客を行いたい方向けに月額制でホームページ作成と運用の代行サービスを展開させていただいております。

ホームページは全てWordpressで制作し、プランに応じて今回ご紹介した「名刺デザインの提案」「ポータルサイトへの登録代行」といったもサービスの準備もございます。

その他、SNS運用に関してもサポート可能ですので、Webを使った新しいプロモーション方法を検討されている方は、お気軽にお気軽にお問い合わせください。

弊社の月額制のホームページ運用の代行サービスに関しては、下記のページから詳細をご確認いただけます。

ドラマチックHP >

 

関連記事