LandingPage

ランディングページ制作

人はみな”心が動いたとき”に購入行動をします。
だから、私たちがつくるランディングページは「ワクワクするデザイン」がコンセプト。
見ただけで読みたくなる。
読んでみて欲しくなる。
そんなランディングページ(LP)を考えて作ります。

メッセージをしっかり届ける

ランディングページは、商品のPRをするもの。
ホームページは会社の「顔」となるものでしたが、ランディングページは商品を売るための「広告」です。

少し派手に見えるかもしれません。
でも、これらすべて「メッセージを伝えるためのデザイン」になります。
あなたのサービスがどのようなものかを、ビジュアルで伝えるためのデザインで、すべて理由があります。

見栄えではなく、メッセージを強く届けること。
それがWINQのデザインコンセプトです。

読み手の立場でコミュニケーション

Webは訪問者が見るもの。
そのため対面営業のような会話は成立しません。

でも「この話をしたら相手はどんな気持ちを持つだろう?」と想像してみてください。
十分理解してもらえると思いますか?新たな疑問が浮かぶような気がしませんか?
疑問を持ったままでは、なかなか成約には至りません。

読み手が欲する情報とはなにか。
今どんな疑問を持っているだろうか。
何を言われたら嬉しいだろうか。

そんな風に、読み手の視点でメッセージを考えて作ります。

パッと見てわかるシンプルさ

欲しい情報はスマホですぐとれる時代に、じっくり時間をさいてWebページに向き合ってくれる人は多くはありません。
みんな「見やすいサイトを見る」なのです。

はっきり言いますが「コンテンツは読んでもらえない前提でつくる」が正解。
難しい話や、専門用語は疲れてしまうんです。

だから、私たちはライバルサイトよりもわかりやすく伝えます。